スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

Legend・of・FX(その1)

今回、検証するのはLegend・of・FXという、なんだかかっこいい名前の自動売買ソフト。




販売ページをまず、見てみますね。


まず感じた事は、この販売ページは売る気満々だと言う事。

別にEA(自動売買ソフト)自体の出来には関係ありませんが、やけにあおってくる感があります。

もう、身構えてしまう感じです。

では、読み解いていきましょう。

まずは、バックテストの結果です。

CHF/JPYとEUR/CADとEUR/GDPとEUR/USDのテストケースが載っています。

ん?最後のEUR/USDはPFが0.97で利益がマイナス1%???

しかも、4通貨ペアの同時運用だそうです。

4つ目っているのかな?

直近2年の勝率が非常に高く・・・・とありますが、3年間のバックテストデータの中の

2年間が非常に良かったとしても最初の1年間でマイナスを出しているシステムはダメだと

思うのは私だけではないでしょう。

3つの通貨ペアではダメなのでしょうか?ダメな理由を書いて欲しいのですが、なにやら

極端に負けが続くような事が起こらないようなポートフォリオをガッツリ組んでいますので、ご安心を。

なる、訳のわからぬ事を書いて、収めようとしています。


次に、ロジックについてですが、逆張りスキャルピングロジックだそうです。

レンジ相場に強く、勝率が高いと言う事ですが、一方ではトレンド相場に弱いと言う弱点があります。

相場と言うのは、レンジ相場だけではないので、ちょっと危険な香りがしていまします。

ロジックの説明もこれしか書いておらず、だいぶ不安です。

後の方に、トレンド相場の時について少し触れていますが、たった3年間のデータだけで、

リスクヘッジが出来ているという事を堂々と言っています。

これは、もっと長いデータであれば、多少は納得する所もあるかと思いますが、

説得力としては、弱いですよね。


そして、極めつけがこれ。

前作とどこが違うのか?と言う事です。

私は前作は知りませんが、ただ単にVPSでの稼動を加えただけでは?とこの文章からは

思えてしまいます。

新しいロジック(ロスカット・リミットか??)で、勝率は上げやすくなっているとの事。

この説明も怪しいですね~。


最後には、完全ほったらかし状態で利益だけ上がる、と言う事が書いてあり、MT4の説明に

プレステ等のゲーム機を例にとっているあたり、初心者に的を絞った売り方なのでしょう。

このあたりも、ちょっとどうかと思いますね。

よって、このEAも購入は危険として見送ります。

神EAは、なかなか見つからないなぁ~ (*_*)
スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。